性病に対する知識|愛犬を守れるのはあなただけ!アドボケートで虫から守ってあげよう

性病に対する知識

コップと錠剤

最初に性病にかかるまでは自分は一生性病とは無関係だと思っている方は多いと思います。
しかし、皆さんが思っているよりも性病はずっと身近なものなのです。
このページではその危険性と性病に対する正しい知識について解説しています。

性病といえば生で本番をしちゃった時に運悪くうつる、なんて程度に考えていませんか?
そんなことはありません。
例えばカンジダであれば感染者の大半は性行為経由ではありません。
カンジダは感染経路が性行為ではなく、潜伏期間と呼べるようなものもありません。
菌やウイルスが原因の病気は一定の潜伏期間を経て発病するものが多いのでカンジダは例外的な性病と言えるでしょう。

とにかく、性病は先入観のみで語られることが多いです。
適切に対処するため正確に症状や潜伏期間、感染経路、治療法などを知っておかなくてはいけません。
性病は自然治癒することがほとんどないため、お薬か病院でしっかりと治療をしないとあとあと大変なことになってしまうわけです。

性病にはたくさんの種類があります。
梅毒など非常に危険なものもありますし、症状がキツイと言われるカンジダ、あまり症状は出ないものの子供にも影響を与えてしまうクラミジアなどがあります。

性病は男性と女性で症状も違えば感染率なども異なってきます。
オーラルセックスを含む性行為で感染してしまうので、コンドームなどの使用や不特定多数の相手と行為を控えるなどが有効でしょう。
そして各性病の潜伏期間を知っておくと、危険な相手を特定することもできます。