個人輸入代行の注意点|愛犬を守れるのはあなただけ!アドボケートで虫から守ってあげよう

個人輸入代行の注意点

カプセルと錠剤

日本には薬事法と呼ばれる医薬品や医療機器に関する法律があります。
これは国内で流通する医薬品を厳正に審査し、その審査に通ったもののみを流通させて良いというものがあります。
そのため、海外では海外の機関の審査に通っていても日本の審査に通っていなければ国内で流通されることはありません。
日本の審査は諸外国と比べると非常に高く、医薬品や医療機器に対する危機管理意識が非常に高いことが伺えます。

しかし、その反面、海外で普通に流通していて安くて高い効果を持っている医薬品やサプリメントも飲めない、ということになっています。
これには少し残念ですよね。
安全性に問題なくて安い医薬品があるのに利用できないのです。

薬事法には例外的なルールがひとつ設けられています。
それが「個人で使用するのであれば海外の医薬品などを自己責任で輸入し服用してもかまわない」というものです。
このルールに沿って運営されているのが個人輸入代行サイトです。

一般の方が海外のサイトで薬を購入するのは難易度や安全性の問題から簡単ではないでしょう。
個人輸入代行サイトは海外の薬局に私たちに変わって支払いと注文をしてくれるのです。
海外からの輸入となるので税関なども通りますが、その手続なども全て業者が行ってくれます。

しかし、いいことばかりではありません。
中には偽物を扱う悪質なサイトや輸入した医薬品は全て自己責任ということがあるので、信用できる個人輸入代行サイトを見つける必要があるのです。
服用したり自分の体に塗るものなので購入する医薬品、利用するサイトはしっかりと吟味しましょう。